ファイアーエムブレム覚醒 攻略
ファイアーエムブレム覚醒 攻略
支援会話一覧


【オボロ×タクミ C】
タクミ
あ、オボロ。今いいかい?

オボロ
タクミ様…!
私に何か御用ですか?

タクミ
この前、町に行った時に
大きな呉服屋を見つけてね。
そこの着物を見ていたら…ふと、
白夜にいた頃に出席した式典で、
オボロに用意してもらった僕の衣装が
評判が良かったことを思い出してね。
改めてお礼を言おうと思ったんだよ。
あの時は、ありがとう。

オボロ
そ、そんな…!
勿体ないお言葉です!
私はタクミ様の臣下として、
服を見立てるくらいは当然です。
必要であれば、
仕立てさせていただきますよ。

タクミ
本当に?
オボロはそんなことまでできるんだね。

オボロ
ええ。一応、呉服屋の娘ですからね。
今はもう…実家はありませんが。

タクミ
オボロ…

オボロ
はっ!
すみません湿っぽい話を!
両親が殺されたのは随分前のこと。
実家の呉服屋に、未練はありませんよ。

タクミ
でも、本当は着物に関わる仕事を
したいっていう思いがあるんじゃないのか?
主君の前だからといって、
無理をしなくていいんだぞ。

オボロ
そんな!私の喜びはタクミ様にお仕えすること。
これは私の心からの気持ちです。
そりゃあ、呉服屋の仕事に
興味がないと言えばうそになりますが…
周りの人から、
「タクミ様は着飾るのがお上手だ」って、
評判を聞くだけで…
十分すぎるほど満足ですよ。
タクミ様に気品があるのは、
この私のおかげだってことですからね!

タクミ
おいおい…それじゃまるで
普段の僕には気品がないみたいじゃないか?

オボロ
い、いえ、そんなことは決してありません!
タクミ様は気品の塊です!
むしろ、気品が服を着て歩いているような
崇高な存在ですよ!!

タクミ
…そこまで褒められると
逆に嘘くさいんだけど。

オボロ
私は本当のことを
言っているだけですよ!
私はそんなタクミ様の気品を
さらに磨くお手伝いができるだけで、
とっても幸せなんです!

タクミ
そ、そうか…
そこまで言ってくれるなら、
いつか平和になった時、式典で着る衣装は…
またオボロに頼もうかな。

オボロ
ええ、もちろん!
お任せください!

タクミ
じゃあ頼んだよ。
期待してるからね。



戻る


【オボロ×タクミ B】
オボロ
あ、いたいた!
タクミ様ー!

タクミ
オボロ。

オボロ
この前仰っていた、いつか平和になった後に
式典で着る衣装のことなんですけど…
生地はこんなものなど如何でしょう?

タクミ
もう考えてくれてるの?
気が早いね。

オボロ
そりゃあ、
タクミ様直々のお願いですので。
それに、平和になった後のことを
考えるのは気分が明るくなりますし…
戦後の式典で着る衣装なら、
民たちもとても注目するでしょうからね。
今から考えても、
考え足りないぐらいです!

タクミ
そうか。
じゃあちょっと見させてもらうかな。
…………
うん。いいと思うよ。手触りもいいし…
丈夫で、適度に光沢もあって、気に入った。

オボロ
じゃあ、生地はこれに決定ですね。
色味なんかはまた相談させていただきます。

タクミ
うん、頼むよ。

オボロ
…………

タクミ
…?
オボロ…?
突然黙って、どうしたんだ?

オボロ
あ、いえ…ええと、
何でもない…です。

タクミ
もしかして両親の事を思い出したのか?
両親と同じことをしていて…辛くなったとか。

オボロ
あ、違うんです。確かに両親の事は
思い出してたんですけど…
私がこうして白夜王家の人たちの
身なりのお世話ができてること、
父と母は喜んでくれてるかなって…
そう思ったんです。

タクミ
…ああ。きっと二人とも娘のことを
誇りに思ってるはずだよ。

オボロ
ありがとうございます。
でも…へへ、なんか変な気分です。

タクミ
え?何が?

オボロ
だってタクミ様が他人をそんなに褒めるなんて、
すごく珍しいことですから。
こんなにお優しいタクミ様は…初めてかも?
もしかして、明日は嵐が来たりして。

タクミ
おいおい!
僕だってなぁ…

オボロ
うふふふ、嘘ですよ!
そのお言葉、ありがたく頂戴しますね!


(オボロ、去る)


タクミ
まったく…



戻る


【オボロ×リョウマ C】
オボロ
ふんふ〜ん。あれ?
あそこに座っているのは…リョウマ様?


(リョウマ、現れる)


リョウマ
…………

オボロ
うーん?
これは…リョウマ様ったら眠ってる?
困ったわ。
このままじゃお風邪を召されてしまう…

リョウマ
…ん?

オボロ
わ、わわっ!!

リョウマ
あ…ああ、オボロか。
どうしたんだ?俺の顔を覗きこんで?

オボロ
リョ…リョウマ様!
急に目を開けないでくださいよ!

リョウマ
ああ、すまないな。誰かが近づいていたのは
なんとなく気づいていたんだ。

オボロ
…もしかしてリョウマ様。
お疲れですか?
なんだかうっすら目元にも
クマがあるように見えたんですが…

リョウマ
大したことではない。
そう簡単に休めないのはお互い様だろう?
それに、俺は三日くらい寝なくても
大したことはない。

オボロ
みっ、三日も寝てないんですか!?
そんなの死んじゃいますよ…

リョウマ
俺はそんなに軟弱ではない。

オボロ
そういう次元の話じゃありませんよ!
駄目です!
ちゃんと休息を取らないと
思わぬ怪我や病気に繋がるんですよ!?
仲間のためを思うなら、そこはきちんと
健康管理を徹底していただかないと困ります!

リョウマ
そ、そうか…

オボロ
…はっ!しまった。私ったら…
リョウマ様相手に何て口の利き方を…

リョウマ
いや、今のは俺が悪かったんだ。
だから気にする必要はない。

オボロ
いえ、本当に申し訳ございません!
あの、お詫びに何でもお申し付けください!
…そうだ!私、栄養のあるものを
リョウマ様のためにお持ちします!

リョウマ
いや、そのような気遣いなど不要だ…

オボロ
しばらくお待ちくださいね!
それでは!


(オボロ、去る)


リョウマ
…行ってしまったな。
…まぁオボロの厚意に甘えるとするか。



戻る


ファイアーエムブレム攻略・裏 もくじ

ゲヱム攻略もくじ

縮緬遊戯堂・紫龍館トップページ