ファイアーエムブレム覚醒 攻略
ファイアーエムブレム覚醒 攻略
支援会話一覧


【アサマ×ハロルド C】
ハロルド
君はアサマくんといったね。
白夜ではどういう働きをしているのだい?

アサマ
働き…?
ああ、もしかして役職のことですか?
白夜王国第一王女ヒノカ様に仕える
臣下をしておりますよ。

ハロルド
ヒノカ王女…
なるほど、君はその方を支えているわけだね。

アサマ
あっはっは。
支えるなんてとんでもない。
私は非力ですから
逆に助けてもらっているんですよ。
彼女はそれはもうお強い方ですからね。

ハロルド
な、何?
主君に助けてもらっているというのか!?

アサマ
そうですよ。
あなたは?

ハロルド
私はエリーゼ様にお仕えしている。

アサマ
エリーゼ王女ですか…
そりゃあ大変でしょうね。
いかにも手がかかりそうな感じがしますし。

ハロルド
ぐっ…
君は本当に失礼だな…
まあ、そもそも白夜と暗夜は
文化や嗜好が違うからね。
あの方の魅力が理解できなくても、
そのことを責めるつもりは毛頭ないよ。

アサマ
文化や嗜好の違い…ですか。
私は白夜も暗夜も
たいして変わりはないと思いますがね。
国などみんな砂上の楼閣にすぎない。
滅びたらどちらも同じ荒野です。

ハロルド
い、いきなり何を言い出すのだね?
君は祖国のために闘っているのだろう?
例え話であったとしても、
国が滅びるなどと口にするのは良くないぞ。

アサマ
そうでしょうか?
私は本当のことを言っているだけですよ。

ハロルド
し、しかしだな…
君に愛国心というものは無いのかね!?

アサマ
ふふっ…
ただの例え話でこんなに熱くなって…
あなたは変わった方ですねえ。
暗夜の方は、これだから面白い。
私は、あなたのことが気に入りましたよ。
それでは、生きていればまたいつか。


(アサマ、去る)


ハロルド
お、おい待て!
話は終わっていないのだぞ!?
待っ…
うわっ!?
し、しまった、こんなところに突然落とし穴が!
誰か!誰かーーー!



戻る


【アサマ×モズメ C】
アサマ
おや、そこにいるのはモズメさんですか?
こんにちは。

モズメ
あ、あんたは…アサマさん!?
ひぃぃ、こっち来んといて…!!

アサマ
えっ?
何を怯えているのですか?

モズメ
あたい、噂で聞いたことがあるんや…
あんたは目の合うた人を片っ端から
いじり倒して遊ぶ、
悪名高いお坊さんやってな…!

アサマ
あらっ?
私ってそんなに悪名高いんですか?

モズメ
せやで…どうせあたいのことも、
田舎もんってバカにするに決まってるんや!

アサマ
ほう…そうですか、そうですか。
私は悪名高かったのですか…
それは面白い話です。
ありがとうございます、モズメさん。

モズメ
へっ…?
あ、あわわっ…!!
自分が悪名高いことをそんな面白がるなんて、
あんた…やっぱり変わった人なんやわ!
せやけど…
あたいは一筋縄ではいかへんで!
いじられる前に、
あんたの前から逃げたるわ!


(モズメ、去る)


アサマ
あっ、モズメさーん?
あらら…逃げちゃいましたねぇ。
なかなか面白い方です。



戻る


【アサマ×モズメ B】
アサマ
あら、また会いましたね。
これは奇遇ですね、モズメさん。

モズメ
ひええっ…!!
アサマさん、なんでここに!?

アサマ
そりゃあ怯えるあなたが楽しいから
追いかけてきたんですよ。

モズメ
ほな、奇遇とちゃうやん!

アサマ
あははは、良い突っ込みですねぇ。
さてさて、どうしますか?モズメさ〜ん?

モズメ
あわわっ…ど、どないしよ…?

アサマ
そういえばモズメさんは、私にどういう風に
バカにされると思っていたんですか?

モズメ
ど、どういう風にって…
せやなぁ、あたいは田舎もんやし、
言葉遣いが訛ってるとか…オドオドしてるとか、
あとは地味な服装で垢抜けへんとか…
そんな風に言われるんちゃうかなって…

アサマ
ふむふむ、なるほど。
では私はそういう事を言えば良いわけですね。

モズメ
ああっ!し、しもたーー!!
わざわざバラしてしまうたで…!!

アサマ
ふふふっ。私にそう言われたくなければ、
あなたにできることは逃げることのみ。
さぁて…どうしますか〜?

モズメ
ど、どうするもこうするも…あんたの言う通り
逃げるしかあらへんやんかーーー!


(モズメ、去る)


アサマ
ふふふっ…
逃しませんよぉ〜。
お待ちください、モズメさーん!



戻る


【アサマ×モズメ A】
モズメ
はぁ…はぁ…

アサマ
はははっ。モズメさん、どうしたんですか?
息が切れてますよ。
このままだと私に追いつかれちゃいますよ?

モズメ
も、もう、あかん…
足が棒みたいになってきてしもた…
アサマさん、この辺で堪忍してー!!

アサマ
あははは、嫌です。

モズメ
はぁ…はぁ…
さすがに、
そうは問屋がおらさへん、か…
で、でも…あんた…
なんで悪口は言わへんの…?
会うたびに楽しそうに追いかけてばっかりで…
肝心の嫌味は全然言わへんような…?

アサマ
ええ、まあ。
あなたの被害妄想がすこぶる面白かったので、
あえて何も言わずに付きまとってみました。

モズメ
…な、なんやってー!!?
そ、それじゃあ元々何も言うつもりは
無かったってことなん?

アサマ
ええ、そうですよ。
それにあなたが私に関する
どんな悪評を聞いたのか知りませんが…
私は無下に
軽口を叩いたりはしませんよ。
そうですね…言うなれば、
鋭利過ぎる突っ込みはすれども、
人を貶めるだけの悪口は
言わないという感じですね。

モズメ
そ、そうやったんやね…
えろう、すまんかったわ…アサマさん。
あたいが勝手に
噂を曲解してたみたいやな…

アサマ
あははは、全然気にしませんよ。
私はこれはこれで楽しめましたし。

モズメ
せやけど、相変わらずあんたは…
変な人なんやなぁ。
人を追いかけ回してそんな楽しそうにするん、
あんたが初めてやわ。

アサマ
ふふふ。そういうあなたも、実は少し
追いかけられることを楽しんでらしたでしょう?
私としては
お互い様という感じですけどね。

モズメ
ふふ、そうかもしれんなぁ。



戻る


ファイアーエムブレム攻略・裏 もくじ

ゲヱム攻略もくじ

縮緬遊戯堂・紫龍館トップページ