ファイアーエムブレム覚醒 攻略
ファイアーエムブレム覚醒 攻略
支援会話一覧


【カザハナ×サイラス C】
サイラス
カザハナ。
ちょっと言いたいことがあるんだ。

カザハナ
言いたいこと?

サイラス
こんなこと、あまり言いたくはないんだが…
さっきの戦いはなんだ?

カザハナ
え?

サイラス
お前は白夜でも指折りの侍と聞いた。
腕前を見ることを楽しみにしていたのだが…
実際に目の当たりにした俺の感想は、
…正直ガッカリだ。

カザハナ
はぁ!?
いきなり何よ…!?

サイラス
敵への一撃が軽い。
相手の攻撃を読みきれていない。
見ていて危なっかしい上に、
闘いに対する気持ちが、まったく感じられない。

カザハナ
そ、それは…たまたま調子が
悪かっただけよ。
いつもはもっと闘えるんだから。

サイラス
そもそもカザハナは、
なんのために戦っているんだ。

カザハナ
なんのためって…決まってるわ。
主君であり親友であるサクラのためよ。

サイラス
じゃあ、お前のサクラ王女への思いは
その程度だということか?

カザハナ
なにーっ!?
…許せないわ。
あたしのことを貶すのは目をつむるとしても…
サクラに対する思いを
貶されるのは許せない!

サイラス
悔しかったらもっと本気を出して、
指折りの侍らしい闘いを見せてくれ。

カザハナ
くぅぅぅぅーっ!!



戻る


【カザハナ×サイラス B】
カザハナ
サイラス。
この間の戦いはなに?

サイラス
なんだと?

カザハナ
あなたの戦いっぷりを
見せてもらったけど…
あたしに偉そうに意見できるものは
何一つ感じられなかったわ!

サイラス
それは、
この間の仕返しのつもりなのか?

カザハナ
ふん。
あなたにも同じ質問を返してあげる。
そもそもあなたは何のために戦っているの?

サイラス
…答えは簡単だ。
俺は幼なじみの親友…
(マイユニット)のために戦っている。

カザハナ
親友のため?
なんだ、あたしと一緒じゃない。

サイラス
一緒にしないでくれ。
親友のために戦う…言葉にすれば同じだが、
俺とお前では思いの強さが違う。

カザハナ
なにーっ!?
あなたがどれだけ(マイユニット)様を
思ってるか知らないけど…
あたしのサクラに対する思いだって
ものすごいんだから!

サイラス
へえ?
聞こうじゃないか。

カザハナ
いいわよ!
あたしとサクラは…
…………

サイラス
どうしたんだ?

カザハナ
やめた。
あたしとサクラの絆を言葉にすれば
安っぽくなるだけだから。

サイラス
…………
なるほど。
それは一理あるな。
俺と(マイユニット)の関係も、
言葉にすれば安くなる。

カザハナ
でも、それじゃお互いに
思いを証明できないわね。

サイラス
確かにそうだな。

カザハナ
…じゃあこうしない?
思いの強さは模擬戦で決めるの。

サイラス
親友に対する思いを武器に乗せるというわけか。
いいだろう。
目にもの見せてやる。
行くぞ!

カザハナ
どっからでもかかってきなさい!



戻る


【カザハナ×ツクヨミ C】
ツクヨミ
うーむ…

(カザハナ、現れる)

カザハナ
あっ、ツクヨミ。
変な顔してどうしたの?

ツクヨミ
変な顔とはどういうことだ!
私は真剣に悩んでおるのだ!

カザハナ
ああ、ごめんね。
だって眉毛すんごいひん曲がってたんだもん。
…で、何をそんなに悩んでるの?

ツクヨミ
風の部族の者たちが、物資補給と称して
私に色々と物を送ってくるのだ。

カザハナ
へー、いいじゃない!

ツクヨミ
…全然良くない。
心配性の女官たちが、要らぬものまで
たくさん送りつけてくるのだ…

カザハナ
要らないもの?

ツクヨミ
ああ…これだ。

カザハナ
わぁ〜!
大きな箱にいっぱいの荷物!!
巾着に、人形に、装飾品に…
可愛いものがいっぱい詰まってるね!

ツクヨミ
そうなのだ…
あやつらめ、私を親戚の子供か何かと
勘違いしておるのではないか?
送り返してやろうか…?

カザハナ
ええっ!?
そんな、もったいないよ!
要らないなら、あたしにちょうだい!

ツクヨミ
そ、そんなに身を乗り出すほど
欲しいのか?

カザハナ
うん!あたし、花柄のものを
集めるのが好きなの。
この巾着みんな花柄だし、
とっても可愛いよー!

ツクヨミ
ふむ…それほどまでに欲しいのなら
ここにあるもの全て、持って行っても良いぞ?

カザハナ
え!?本当!?
太っ腹だね、ツクヨミ!
それなら、ありがたくいただいちゃうね!

ツクヨミ
あ、ああ…

カザハナ
ああ…これも、それも、みんな可愛い!
何を入れよっかな〜!

(カザハナ、去る)

ツクヨミ
カザハナ、そんなに嬉しかったのか…?



戻る


【カザハナ×アサマ C】
カザハナ
この辺でいいかな…
だいぶ自陣から離れちゃったけど、
これくらい山の中に入らないと、
集中できないもんね。
よし、この木にしようかな。
気合を入れて…!!
はあっ!!
うりゃあああーーーー!!!!!

???
うわーっ!?

カザハナ
えっ?今、木が倒れた辺りから
悲鳴がしたけど…今の声って…

(アサマ、現れる)

アサマ
やれやれ…なんですか。山歩きをしていたら、
突然木が倒れてくるなんて…
痛たたた…

カザハナ
アサマ!?
もしかしてぶつかっちゃったの?
ご、ごめんなさい!
その木はあたしが斬ったやつで…!!

アサマ
カザハナさん…!?
なぜこんな山奥に?
しかも木を斬っていただなんて…
あなた木こりにでもなるおつもりですか?

カザハナ
いや、べつに木こりになりたいわけじゃ…
…じゃなくて!
そんなことはどうでもいいから、
さっさと傷口を見せて!手当てするわ!

アサマ
は、はぁ…

カザハナ
あ、軽い傷みたいだね。
良かった…

アサマ
ええ。元々そんなに痛くありませんでしたので
手当など不要ですよ。
それよりあなた、
なぜこんなところで木を斬っていたのです?

カザハナ
そ、それは…訓練のためだよ。
…あたし、誰かと手合わせする時、
木刀とかの模擬刀を使ってるでしょ?
でもあれじゃあとても物足りなくて…
時々こうして山奥までやってきて、
一人で真剣を持った訓練をしてるんだ。

アサマ
なるほど…
真剣こそが侍の魂というやつですか。

カザハナ
えへへ、
そんな大層なもんじゃないけどね。
真剣を持ってる時にだけ閃く
感覚ってやつがあるんだよ。
他の武器と違って、侍にとっての刀は…
もう一人の自分みたいなものだから。

アサマ
そういうものですか。
それにしても刀で木の幹を斬り倒すだなんて、
あなたも相当な化け物ですね。
おかげで私も思わぬことで、
命を落とすところでしたよ。

カザハナ
だ、だからそれは
ごめんって言ってるでしょ!



戻る


【カザハナ×セツナ C】
カザハナ
あ〜あ、残念…
もしかして…あたしたち二人だけ?

セツナ
そう…カザハナと私だけ。
私たちだけ…
戦術の講習会で、落第点を取った…

カザハナ
ううっ…そんなぁ…

セツナ
私は、こういう風に言われた…
セツナは、自分が得意なことは
ひたすら得意だけど…
集団でどのように動くべきか…
わかっていないって。

カザハナ
うん…あたしも同じこと言われたよ。
カザハナは単身だと良い動きをするけど、
団体で動く作戦になると途端ダメになるって。
単独で先行しがちなんだってさ。

セツナ
私たち二人…おんなじ?

カザハナ
そうみたいね。
ねぇ、セツナ。せっかくだから
二人で勉強会でも開いてみる?
お互い協力し合って、
苦手分野を克服してみようよ。

セツナ
うん、妙案だと想う…
じゃあ早速今から…
配布された戦術書を読みましょう…

カザハナ
よし、そうしよう!
えーと、確かこの本の五頁めに
ためになる戦術が書いてあったわ。ふむふむ…
…………

セツナ
…………

カザハナ
…………
…ねぇ、セツナ。
ちょっと気分転換に、
木刀で素振りしてきてもいいかな?

セツナ
ええ、妙案…
私もちょうど気分転換に、
狩りに行きたくなってきたの…

カザハナ
よーし!
じゃあちょっとだけ休憩ね!

セツナ
うん、休憩…
ちょっとだけ…



戻る


【カザハナ×タクミ C】
カザハナ
せいっ!せいっ!
やああーっ!!

(タクミ、現れる)

タクミ
ん…カザハナか。

カザハナ
はぁ…はぁ…
あっ、タクミ様。

タクミ
刀の稽古か?
朝から精が出るな。

カザハナ
はい!

タクミ
昔からカザハナは変わらないな。
寒い日でも風を引いた時でも、
欠かさず毎朝、刀の稽古をしている。

カザハナ
はい、朝稽古は心身の鍛錬ですから!
それに…刀と共に朝を迎えることで、
刀と一つになれるような気がしてます。

タクミ
刀と…一つに…?

カザハナ
はい、刀がただの武器ではないように
思えると言いますか…
腕や足と同じように、身体の一分に
なったような…そんな感覚になるんです。

タクミ
ふぅん…僕にはよくわからないな。

カザハナ
あはは。
変なこと言ってすみません。
あっ、そうだ!
タクミ様、一緒に稽古しましょうよ!

タクミ
ええっ!?

カザハナ
だって昔はあたしの稽古に
付き合ってくれたじゃないですか。

タクミ
うっ…そ、それは…

カザハナ
でも、いつの間にか全然
付き合ってくれなくなっちゃいましたね。
ちょっとだけ、寂しいなーなんて…

タクミ
…………

カザハナ
タクミ様?
なんでそんな嫌そうな顔を…

タクミ
別に。なんでもないよ。
…まあ、僕もそんなに暇じゃなくなったからね。
前と同じようにはいかないってだけの話だよ。
じゃ、僕はもう行くから。

(タクミ、去る)

カザハナ
あ、タクミ様!!
…行っちゃった。
稽古に付き合ってくれなくなった理由…
もしかして、何かあったのかな…?



戻る


【カザハナ×リョウマ C】
カザハナ
やあっ!とおっ!


(リョウマ、現れる)


リョウマ
ん?あそこにいるのは…
カザハナ。
稽古に精が出ているようだな。

カザハナ
わっ!!
りょ、リョウマ様!?

リョウマ
それほど驚かれるとは思わなかったな。
急に話しかけてすまない。

カザハナ
い、いいいいいえ!いいんです!
気になさらないでください。

リョウマ
…様子が少しおかしいぞ。
どうしたんだ?

カザハナ
そ、そんなことありません!
ええと…稽古に集中していたので、
突然声をかけられてビックリして…

リョウマ
そうか。
それならいいが…

カザハナ
リョウマ様こそ、どうされたんですか?
こんな陣営の外れまでいらして…

リョウマ
俺は陣内の見回りのかねて、
皆の様子を見て回っていたんだ。

カザハナ
…さすがはリョウマ様ですね。

リョウマ
時間のある時は、仲間たちの様子も
気にかけておかねばな。
カザハナが毎日稽古に励んでいるのも
知っているぞ。

カザハナ
ええっ!?
そうなんですか!?

リョウマ
ああ。あまりにも真剣にやっているから、
今日は思わず声をかけてしまった。
いつもサクラのために精進してくれていると
聞いている。兄である俺も感謝している。

カザハナ
そんな。自分で決めたことですから、
リョウマ様にお礼を言われるほどでは…

リョウマ
いや謙遜するな。
お前は本当によくやってくれている。

カザハナ
そ、そんなに言われると…
照れちゃいますね…

リョウマ
そうか?

カザハナ
はい。え、ええと…
あっそうだ!あたし備蓄整理を
頼まれていたんでした!
すみません、リョウマ様!失礼しますね!


(カザハナ、去る)


リョウマ
カザハナ…?



戻る


ファイアーエムブレム攻略・裏 もくじ

ゲヱム攻略もくじ

縮緬遊戯堂・紫龍館トップページ